子供だけでなく大人も夢中!様々な知育玩具

>

ブロック遊びのメリット

​いろいろな能力の向上に

​創造力、表現力、独創性、計画性を養うのに、ブロック遊びは最適です。
バラバラの物たちをいかに組み合わせて新しい物を作るか、作りたい物があるならば、どれをどう使えば理想に近づくのか、大人になって社会に出てからも必要とされる能力や手先の器用さをも鍛えることができます。

ブロックはおもちゃの定番として様々なものが出ています。
磁石でくっつき、図形を組み合わせて遊ぶ「ピタゴラス ひらめきのプレート」や「マグフォーマー」、パーツを繋ぎ合わせてスロープを作る「くみくみスロープ」。
ブロックの玩具は昔からあるので、みなさんも子供の頃に遊んだことがあるかもしれませんね。
しかし、やはりブロック遊びの代表格といえば、デンマークで生まれた大人も夢中になるあの玩具ではないでしょうか。

​大人も夢中になれる玩具

​近年テーマパークも開園されたことでも注目を集めるおもちゃ、レゴ。
色とりどりのブロックを組み合わせて作る作品は、その展示会やコンテストも開かれるほどで、本来は子供の知育玩具として誕生したものですが、大人のほうが夢中になっている印象があります。

レゴは、デンマーク語の「よく遊べ」から生まれた言葉だそうで、その創設者の願いは子供にレゴ通じて、遊びや学習への意欲を持って欲しいというものでした。
子供は、誰かに言葉で教えられるよりも、実際に自分で作るという行為で様々な知識を吸収します。
そして出来上がった作品を見て、努力して作り上げた達成感を得ることができるのです。
確かにレゴでの素晴らしい作品を見ていると、そのような知育に役立つのもわかる気がしますね。