あなたの親知らずの悩みに正しく対応するための総合情報サイト

親知らずの問題は抜歯だけが解決方法ではありません

親知らずを抜いたほうが良い場合

親知らずを抜いてしまったほうが良い場合をここにまとめておきます。

(1)親知らずの虫歯:親知らずは一番奥の歯のために、治療もしにくく、その後の手入れも難しいので、抜いたほうが良いでしょう。(2)親知らずが横向きに生えてきて前方の歯に悪影響を及ぼしているとき:親知らずが横向きに生えていると、第二大臼歯を侵食し始めます。第二大臼歯が浸食されて使い物にならなくなっているときには、この第二大臼歯の方を抜いて、親知らずを保存してブリッジ等の支えに使います。(3)親知らずのところにいつも食べ物が詰まってしまう時:きちんと手入れができませんから、周りの歯茎は歯に悪影響を及ぼします。(4)完全に骨に埋まっている:この場合には膿の袋ができて顎の神経を圧迫することが多いので抜歯をします。

親知らずを抜かなくても良い場合

親知らずを抜かなくても良い場合をここにまとめておきましょう。

(1)親知らずが上あごと下あごで正常に生え、きちんとかみ合っているとき。(2)完全に骨に埋まっていて、周囲に悪影響を及ぼさない場合。(3)親知らずがある程度正常に生えていて、ブリッジや入れ歯の支えとして使える時(4)親知らずを移植するとき:親知らずの隣の大臼歯を抜歯した場合に、その場所に親知らずを移植できる時には、親知らずを保存します。こうした移植はいつもできるわけではありませんから、移植の部位や大きさや形などをよく検討して判断します。(5)歯列矯正治療で親知らずを正しい位置に動かすことができる時:矯正治療は歯を動かす治療ですからいつもできるとは限りません。


この記事をシェアする